学究:徳富蘇峰(21)関連史料[20]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

42.1903年(明治36年) 8月 24日 「●文壇週報 文壇子」

一部引用↓

「◉此ごろ新聞紙に見にたる出版書廣告に萬朝報世界萬國欄記者斯波貞吉著と云ふがあるが萬朝報世界萬國欄記者とは何のコツタ、何のコツタ、時候のせいか、弓町邊から此ごろなんだか眞面目にお交際の出來にくい様な人間を續々出すが、近所迷惑だ◉二號字は仰山を意味す。仰山論を書いて有ゆる天下の新聞雜誌を罵れるは徳富蘇峯なり、而して徳富蘇峯の國民新聞ほど二號字多き新聞紙は日本になし、西洋は知らず」

⇒一つ目の◉では、出版書広告欄に見られた「萬朝報世界萬國欄記者」という言葉の意味不明さが指摘される。また「弓町邊」というのは、 東京都文京区本郷の地名であり、そこには「東京帝国大学」が位置しているため、史料中の「斯波貞吉」(東京帝国大学選科卒業、「萬朝報」ジャーナリスト、仏教大学(現・龍谷大学)教授)も含めて、「東京帝国大学卒業生に交際しにくい者が増えた」と記事執筆者は述べていることが分かる。

 二つ目の◉では、前回分のブログ(学究:徳富蘇峰(20)関連史料[19] - 学究ブログ(思想好きのぬたば))で紹介した徳富蘇峰の「仰山」論が取り上げられている(「二號字」とは何か、ということについても上記の前回分ブログをチェック)。ここでは、「一番大袈裟な記事を掲載し続けているのは、「仰山」論を唱える蘇峰本人が出版する「国民新聞」ではないのか」と批判がなされ、しかもその大袈裟ぶりは「西洋にも存在しない」とされている。鮮やかな批判である。

 

斯波貞吉関連書籍:国家的社会論

 黒岩涙香関連書籍:日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)

 帝国大学関連書籍:帝国大学 近代日本のエリート育成装置 (中公新書)

 

43.1904年(明治37年) 1月 8日 「●霞の糸」

一部引用↓

「◉逮捕 深川區西大工町一番地掬摸○分○甲勝事渡邊勝次郎は舊○○○の掬摸 渡邊清太郎が掬取りたる徳富蘇峰氏の鐡○懐中時計(五十圓)を纔か八十錢に買取りたる事露顕し此程警視廰の手に捕はれ昨日検事局へ送られたり」

 ⇒徳富蘇峰が掏摸(すり)にあい懐中時計を盗まれる、という史料。犯人の名前は「渡邊清太郎」である。

 

*掏摸関連書籍:掏摸(スリ) (河出文庫)

学究:高嶋米峰(20)関連史料[19]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

30.1919年(大正8年) 9月 28日 「本日の集會」
一部引用↓

「▲明治會館(神田表猿樂町)商工徒弟慰安會後六時(慰安會の趣意)岡崎鐡三郎(努力と安慰)楠原龍○(實業修身訓)高島米峰コドモ會前八時」「▲求道會館(森川町)前九時(○來妙色身)近角常観後七時(佛之眞子)」「▲統一閣(淺草清島町)コドモ會前九時講演後一時、本多日生 井村日咸、長谷川義一▲傳道館(本郷蓬莱町)後七時清水龍山」「▲救世軍(本郷眞砂町)後二時(神我と偕に在り)山室軍平 ▲聖書講演會(大手町衛生會)後二時(モーセ十誡内村鑑三

⇒ 学究ブログではお馴染みの「本日の集會」。近角常観、本多日生、内村鑑三など、常連の名が確認できる。高嶋米峰は「商工徒弟慰安會」で「實業修身訓」という演説を行っている。これは所謂「経営論」に近い内容のものであると言えるが、米峰の見識の広さ(廃娼論禁酒論浪花節なども語る)には驚かされる。

 清水龍山は、越後国生まれの日蓮宗の僧で、立正大学の学長も務めた人物。

 

内村鑑三関連書籍:内村鑑三の人と思想

 

31.1919年(大正8年) 10月 5日 「本日の集會」

一部引用↓

「本郷區蓬莱町日蓮宗傳道館(長元寺)後六時半(法華経講義)清水龍山▲九段佛教俱樂部前九時(人生観と信仰)加藤智學」「▲本郷森川町求道全館前九時(眞解脱)近角常観」「▲神田表猿樂町明治會館後一時(傳教大師讃仰會について)荻野仲三郎(天台宗か天台學か)高島米峰(傳教弘法兩大師の對照)村上専精(佛教大師將來の佛像)中川忠順(傳教大師より法然上人へ)椎尾辨匡」「▲淺草清島町統一閣、前九時コドモ會後○時日曜講演(當體義鈔講義)本多日生(本佛の化導)木村日保(日蓮主義と勞資問題)松尾鼓城」「▲本郷眞砂町救世軍會館(人道の福音)山室軍平」「▲自由教會(娯樂の哲理)岸本能武太」

⇒またも「本日の集會」。

 荻野仲三郎は、明治30年三重県に生れ、同30年東大を卒業。国宝保存会委員、重要美術品等調査委員会委員、史蹟名勝天然紀念物調査委員会委員等を歴任し、古美術保存事業に尽力した。また陽明文庫の主管として管理の任にあたった人物である(以上、荻野仲三郎 :: 東文研アーカイブデータベースを参照)。

 中川忠順(なかがわただより)は、明治から昭和前期に活躍した東洋美術史家で、文部省や帝室博物館を勤務地とし活躍した。

 木村日保は、上総宮谷檀林と哲学館で学んだ僧侶。日什(玄妙)を開祖とする「顕本法華宗」で管長の役職についたこともある。

 岸本能武太(きしもとのぶた)は、明治から昭和初期に活躍した宗教学者同志社英学校、ハーバード大学で学ぶ。米国留学時に、ユニテリアン(キリスト教正統派教義の中心である三位一体(父と子と聖霊)の教理を否定し、神の唯一性を強調する主義の信仰。つまり、イエス・キリストを宗教指導者として捉え、神としての超越性は認めない信仰)に目覚める。比較宗教学会や社会主義研究会の創設にも取り組んだ人物である。

 

*中川忠順関連書籍:伊東忠太・中川忠順 厳島神社の 建築と美術: 平清盛の遺産と平家納経の世界 ディープな芸術の旅 観光と散策ガイド

 ユニテリアン関連書籍:ユニテリアンと福沢諭吉

            近世ハンガリー農村社会の研究―宗教と社会秩序

 

 

学究:徳富蘇峰(20)関連史料[19]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

40.1903年(明治36年) 8月 17日 「●文壇週報 文壇子」
一部引用↓

「◉新聞紙上、近頃仰山に讀み受たる社説は、徳富蘇峯の『仰山病』なり、蘇峯、仰山を解して曰く「仰山病とは何ぞや、仰山とは仰山らしく吹聴するなり、大層らしく廣告するなり、大袈裟に輪を掛けて稱道するなり、如上の病症は、日常の新聞、雜誌、其の他の刊行物によりて最も分明に看取するを得べし、吾人は絶對的に仰山を非とするにあらざれども、仰山らしく吹聴する丈、それ丈その香味は減ずるが如く感ずるを禁ずる能はず」結論に曰く「人の言語文字は何處迄共思想観察を精確に代表するを得可き乎是れ吾人の斷言する能はざる所なれども吾人は及ぶ可き丈は自から欺かず人を欺かざることを期せざるべからず、誇張は則ち一種の虚僞にして不精確も亦た虚僞の一類たるを知らば之を○くるに於て決して餘力を剰す可きにあらざるなり」能く云ふた、世には腰○三千、全く一社の派遣記者として南北兩清を跋渉観光せしむる幾月、歸來その観察のプロダクシヨンは陰々として紙面に横溢し自ら其紙の重を爲す云はば微力の一新聞社としてはなかなかの大奮發なるも、その往くさ歸るさに曾て派遣云々を六號活字にてだに(仰山どころか)吹聴せざる新聞紙もあれば、三里先に社員を派遣するにも本名雅名迄附け、二號活字で仰山に吹聴せねば氣の濟まぬ新聞紙もあり、能く云ふた蘇峯能く云ふた(此一項陸沈堂主投稿)」 

 ⇒明治36年時に徳富蘇峰が主張していた「仰山病」論に関する記述。「仰山病」とは、物事を大げさに言いたがること、つまり誇張・針小棒大が蔓延することを指す言葉で、その症状は「新聞」「雑誌」で明瞭に現れているとする。

 この記事の執筆者は、蘇峰の「仰山病」論を「能く云ふた」と評価する。その理由として、どうでもいい内容のもの(今回は、記者の「派遣」に関するもの)が、新聞紙上で「六號活字」「二號活字」を用いて報道されていた例が挙げられている。ちなみに「六號活字」「二號活字」とは「号数活字」の一種で、最も大きい活字を初号とし、次に一号から順次小さくなり八号にいたる、九段階の和文用の活字である。よって「六號活字」と「二號活字」では、後者の方が文字が大きい。

 

*「「真実」が歪められるということ」に関連する書籍:

 「ポスト真実」の時代 「信じたいウソ」が「事実」に勝る世界をどう生き抜くか

 「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方

 「ポスト真実」にどう向き合うか (「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2017)

 「ポスト真実」の世界をどう生きるか―ウソが罷り通る時代に

 

41.1903年(明治36年) 8月 22日 「●人」
一部引用↓

「▲徳富猪一郎氏 昨日名古屋に赴く」

⇒徳富猪一郎の動向が、新聞紙上で伝えられている。

学究:高嶋米峰(19)関連史料[18]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

29.1919年(大正8年) 7月 20日 「本日の集會」

一部引用↓

「▲明治會館講談×會後六時高島米峰、細川風谷、大谷内越山村山島逕、野口復堂、天野雉彦 ▲佛教俱樂部(九段)午前九時加藤智學」

⇒「細川風谷」は、若き頃、杉浦重剛尾崎紅葉のもとで学んだ、日本郵船の社員で、退社後は講談師として活躍した人物である。

「野口復堂」については、@naagita先生の野口復堂|nāgita|noteが参考になりますので、そちらをご覧ください。

「天野雉彦」は、巌谷小波らとともに活躍した明治から昭和期を代表する童話作家。講釈師の名跡・初代伊藤痴遊(井上仁太郎)の影響を受けて、講談と童話の折衷的方法である「趣味講演」を発案。「学究:高嶋米峰 関連史料」でお馴染みの「加藤咄堂」からの影響もあり、各地への巡回を行った。

 

杉浦重剛関連書籍:昭和天皇の学ばれた「倫理」―倫理御進講草案抄

 尾崎紅葉関連書籍:金色夜叉 (新潮文庫)

          和装のヴィクトリア文学―尾崎紅葉の『不言不語』とその原作 (東海大学文学部叢書)

 巌谷小波関連書籍:日本昔噺 (東洋文庫)

          巌谷小波日記〈自明治二十年至明治二十七年〉翻刻と研究 (白百合児童文化研究センター叢書)

 伊藤痴遊関連書籍:隠れたる事実 明治裏面史 (講談社文芸文庫)

          

学究:徳富蘇峰(19)関連史料[18]

39.1903年(明治36年) 8月 1日 「●會」

一部引用↓

 「▲婦人矯風演説會 今日午後七時本郷教會(本郷區森川町)にて開會(辯士、中川○(君?)亮、石巻良夫、河上秀雄、井口傳、山口義三、宮崎八百吉)」(「▲靈南阪教會(赤阪區靈南阪町)今日午後八時講演(講師、徳富猪一郎、山口三之助)」

 ⇒史料中の講演者(参加者)について見てみる。

 「石巻良夫」は、社会主義に関する記事や映画評論などを執筆し活躍した人物「石巻良夫」と同一人物か。石巻良夫は「大逆事件」との関連で語られることが多く、大逆罪により死刑となった内山愚童との接点や、著作物の発禁&社会主義の放棄など、彼の思想変遷を考える上で重要である。

 「山口義三」は、別名・山口孤剣。幸徳秋水堺利彦が中心となり創設された平民社への参加や、堺利彦の売文社での評論活動で知られるジャーナリスト・社会運動家である。東京市内電車値上げ反対運動に関わったとして投獄、出獄後に行われた歓迎会が発端となり赤旗事件(錦輝館事件)が発生するなど、権力側から弾圧を受け続けた生涯を送る。(キリスト教の洗礼を受けた経験あり。)

 「宮崎八百吉」は、別名・宮崎湖処子。筑前国下座郡三奈帰村(福岡県朝倉市)の生まれで、国民新聞徳富蘇峰が創刊した日刊新聞)の記者として活躍した。また、記者活動を離れてからは、東京専門在学中における洗礼経験を軸にキリスト教伝道に力を注いだ。

 「山口三之助」は、『教育上に応用したる催眠術』(帝国催眠学会出版部、1903)や『実用催眠術講義』(帝国催眠学会、1905)などの著作で知られる催眠術家。

 

内山愚童関連書籍:〈大逆事件〉と禅僧内山愚童の抵抗

 赤旗事件関連書籍:赤旗事件の回顧 (青空文庫POD(大活字版))

 宮崎湖処子関連書籍:宮崎湖処子伝―甦る明治の知識人

           湖処子詩集―高知市民図書館近森文庫所蔵 (リプリント日本近代文学 170)

 

  

学究:高嶋米峰(18)関連史料[17]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

27.1919年(大正8年) 6月 18日 「演藝風聞録」

一部引用↓

「♦絶對に無い 浪花節懇談會で高島米峰さんが樂屋で博奕などをやるやうぢや困ると言ふと虎丸が「絶對にありやせん」小さな聲で「エツへヽつい此間まではな」」

 ⇒高島米峰と鶴堂虎丸の楽屋話。鶴堂虎丸の茶目っ気さがあらわれているエピソードである。鶴堂虎丸については前回のブログ(学究:高嶋米峰(17)関連史料[16] - 学究ブログ(思想好きのぬたば))を参照。

 

28.1919年(大正8年) 6月 20日 「文化學會講演」

全文引用↓

「二十日午後六時半より神田青年會館に於て第一回講演會を開く由左の如し
 開會の辭(下中芳岳)此世の國に非ず(阿部磯雄)現代の要求せる哲學(石橋湛山)個人意識と社會意識(帆足理一郎)宴會改良論(高島米峰)独逸の盛衰を論じて中央欧羅巴の將來に及ぶ(長瀨鳳輔)」

⇒「下中芳岳」は、平凡社の創業者として知られる「下中弥三郎」のこと。下中は、 一社会運動家・指導者としても知られ、初の教員組合である啓明会の結成や、松岡駒吉との協同によるロシア飢饉同情労働会議の結成、石川三四郎との協同による農民自治会の結成など、精力的な活動をみせた。

 石橋湛山は望月日謙との関連で触れたことがある(学究:高嶋米峰(15)関連史料[14] - 学究ブログ(思想好きのぬたば)を参照)。

 帆足理一郎は、大正期から昭和期に活躍した哲学者、評論家で、日本にデューイら英米の哲学を紹介したことで功績のある人物(ちなみに彼の妻は、同時代の教育・婦人評論家・帆足みゆき。『現代婦人の使命』などの著作で知られる)。

 長瀬鳳輔は、国士舘中学校校長や早稲田大学教授を務めた日本の教育者で、海外の大学(ベルリン大学)で学んだ経験を活かし、外交のエキスパートしても活躍した。

 

下中弥三郎関連書籍:下中彌三郎: アジア主義から世界連邦運動へ

           【大活字本】日本人の伝記・回想録(十一)昭和の出版界を築いた七人 (響林社の大活字本シリーズ)

 石川三四郎関連書籍:石川三四郎と日本アナーキズム

            共生思想の先駆的系譜―石川三四郎とエドワード・カーペンター

 デューイ関連書籍:学校と社会 (岩波文庫)

          J・デューイ (Century Books―人と思想)

学究:徳富蘇峰(18)関連史料[17]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

38.1903年(明治36年) 7月 26日 「●政友會の前途如何」

全文引用↓

 「政界の事情に精通する某政客、政友會の前途を観測して曰く政友會が政府黨となるか將た進歩黨と聯合して政府反對の旗を飜へすかは注目すべき問題なるが同會の現状より察すれば恐らく前者の方針に向つて進まんと欲する者多かるべし試みに想へ目下同會の中心點は何れの方面に在る乎を星亨氏逝てより關東派の勢力殆ど其地を拂ひ僅に殘存したりし所謂移民組の硬漢は妥協問題に激して一同退會し土佐派亦之が爲めに袂を聯ねて同會を去り北陸派の強硬分子も杉田定一氏の副議長就職以來俄然其鋒鋩を斂めたれば殘るは即ち九州の一派に過す而して其牛耳を取りつヽある松田正久氏の人と爲りは世人の知る所の如く又他の有力家たる長谷場純孝、高田露、野田卯太郎諸氏の如き昔日は知らず今日の境遇にては進歩黨と共に政府攻擊の地位に立つこと頗る困難ならん余は彼等の秘密を餘りに能く知り過ぎ居るを以て之を言ふを好まざるも近來彼等の智嚢とし相談相手と頼むは徳富猪一郎氏なり同氏の態度如何を知る者は彼等が今度如何なる態度に出づるかをも推想し得ん又所謂直參派なる者は曾て長く閥族の恩顧に浴し而して一方選擧區及び政友に其進退を掣肘さるヽの處なきを以て伊藤侯以下大頭株の意のまヽに動くこと従來の如くなるべしと云ふも蓋し甚しき無禮の言に非ざるべし併し余は以上の如く観察するも政友會員一致して政府の軍門に降伏するとは思はず彼の大阪、福井其他の同會支部に於て解散論非解散論殆んど相半ばして其方向に迷ふを見ば或は遠からず同會分裂の不幸に接するやも知るべからず左れば進歩黨の民黨合同策も亦強ち見込なきに非ざるべき歟但し政府にして果して其計畫通行政財政の大整理を斷行し一千六百萬圓の削減を遂ぐるときは政黨界の前途に大變動を生ずべく而して其結果如何は今日より豫測の限に非ず云々」

 ⇒上記の政治動向は、1901年(明治34年)6月2日から1906年明治39年)1月7日まで続いた第1次桂太郎内閣での話である。1900年に伊藤博文によって結成された立憲政友会の動向が、①政府党となるか、②進歩党と結託して反政府党となるか、という二路線で予測されている(執筆者は①の可能性が高いと予測)。関東派、土佐派、北陸派が様々な理由(例:星亨の死)により衰退傾向にある中で、九州派閥はどのような状況にあったかが示されている。また九州派閥において、徳富蘇峰は智嚢(相談役)の役割を果していたことも分かる。

  長谷場純孝は、西南戦争西郷隆盛側で戦った経験のある政治家。彼は1890年に実施された第1回衆議院議員総選挙により政治家となった。野田卯太郎については、過去の記事(⇒学究:徳富蘇峰(12)関連史料[11] - 学究ブログ(思想好きのぬたば))を参照。

 

立憲政友会関連書籍:政友会と民政党 - 戦前の二大政党制に何を学ぶか (中公新書)

           昭和戦前期立憲政友会の研究―党内派閥の分析を中心に

           近代日本の予算政治 1900-1914: 桂太郎の政治指導と政党内閣の確立過程