学究:徳富蘇峰(32)関連史料[31]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

57.1908年(明治41年) 2月 24日 「●島川領事追悼會」

一部引用↓

「瀕死の病軀を捧げて國事に盡瘁し遂に滿洲の一荒驛に其命を隕したる吉林領事島川毅三郎君の雄魂を弔慰すべく君が生前の知友たりし珍田、山座の外務省連、福島、神尾の諸將軍並に徳富猪一郎等の諸氏相計り昨廿三日午後一時より築地本願寺に追悼會を開きたり」

築地本願寺において開かれた「島川毅三郎追悼会」の様子を描いた記事。

 島川毅三郎は、明治期の外交官、「入蒙の先駆者」(『東亜先覚志士記伝 中巻』P200参照)と呼ばれる。清国公使館付通訳官や吉林領事の役職につき、日本と清国との間で起きる諸問題(「間島問題」など)の解決を試みた人物である。

 史料中の「山座」とは、明治期に活躍した外交官・山座円次郎。ポーツマス条約の締結時に、講和全権大使の小村寿太郎随行して、補佐役として活躍。その他、英国大使館参事官、北京駐在特命全権公使を務めた。また、玄洋社社員として大陸浪人の活動を政府側(官僚側)からサポートし、大陸浪人と政府のパイプ役を果たした。

 史料中の「神尾」とは、上記の島川が清国に足を踏み入れる上で関係する「神尾光臣」のこと。神尾は、日清戦争時に第二軍参謀、日露戦争時に歩兵第二十二旅団長、第一次大戦では第十八師団長を務め、最後には陸軍大将の位についた明治・大正期を代表する軍人である。神尾と島川の関係は、陸軍内における「上司と部下」という関係性であった。ちなみに神尾は、『カインの末裔』『或る女』などの著作で知られる有島武郎の義父にあたる。

 

*島川毅三郎関連書籍:東亜先覚志士記伝 (上) (伝記叢書 (254))

 山座円次郎関連書籍:福岡が生んだ硬骨鬼才外交官 山座圓次郎

 陸軍関連書籍:写真で見る明治の軍装

        明治維新と陸軍創設

学究:高嶋米峰(31)関連史料[30]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

42.1921年(大正10年) 7月 18日 「個人床次氏の指導意見 昨夜佛教家の招待宴で披露」

全文引用↓

「昨夕六時から、高島米峰、加藤咄堂兩氏肝煎りの内相主催佛教家招待があつた晩餐終つて懇談會に移り内相は

 神戸大阪の勞働運動を述べて其悪化を憂ひ勞資協調を説いて資本家の自覚は必要だが現在の暴力沙汰は不合理的なる故嚴峻に之を取締るべし

 と民力涵養の急につき一場の談話を爲し澤柳博士は

 日本が東西文化の融和を爲し世界に貢献するの道は、第一社會問題の解決、第二家族制度の精神復活にありとし、國體の精華も忠孝の精神も時代に適應して内容を充實すべし

 と説いて耳を傾けしめ、安藤代議士は

 内相、澤柳博士の談に依て社會指導の輪廓を認め得たり只願くは其の輪廓内に如何なる圖案を畫くべきやを知りたし要するに民力涵養の内容充實に就ては深く研究を要せん

 と論じ、澤柳博士之に酬ゆる所あり、次で渡邊ドクトルは

 勞働問題の解決には教育の平等主義が肝腎なり

 と言ひ、椎尾博士は

 民力涵養の内容を充實すること宗教家の利用を眞面目にすること

 等に就て希望し、加藤、柴田、楠原氏等も亦一言し最後に高島米峰氏は

 本會は大臣の招待でなく一個人床次氏の招待なり願くは今後此會を益々平民的とし時々會合したし

 と希望し十時半散會した來會者前掲の外左の如し

 村上博士、藤岡博士、常盤博士、片山醫學博士、前田博士、渡邊海旭、島地大等、木山十彰、○(川?、田?)子社會局長、和田對白、安藤嶺丸、河瀨秀治」

⇒内相・床次竹二郎により開かれた宗教者招待の懇談会の様子を描いた記事。

 始め床次は、大正期に頻発していた「神戸大阪の勞働運動」についての不安を洩らし、その暴力性の解消への意志を示している。そのコメントに対する有識者の反応は以下のようなものであった。

 澤柳政太郎「日本が世界に貢献する道としては、①社会問題の解決、②家族制度の精神復活、があげられる」

 安藤正純「床次・澤柳が説く「社会問題の解決」には同意。ただ、重要なのは「どうやって社会問題の解決に臨むか」という内容の方である」

 渡邊海旭「労働問題の解決には、教育機会の平等が重要」

 椎尾弁匡「民力涵養を進めていく上では、宗教家の活用を真剣に考える必要がある」

 高嶋米峰「床次氏は、一個人として、今後もこのような懇談会を開いてくれるとありがたい」

 以上の発言者名を見ても分かるように、その多くが何らかの形で「宗教(仏教)」と接点を持つ人物である。「社会問題(労働問題)」の解決に「宗教者」はどのように寄与できるのか、という問題提起が、この懇談会の中心に据えられていることが分かる。

 河瀬秀治は、明治・大正期に活躍した官吏・実業家。フェノロサ岡倉天心とともに日本美術界の発展に貢献。また、商業会議所設立、『中外商業新報』創刊、富士製紙会社創立など、様々な事業を立ち上げた。今回の懇談会では、「社会問題(労働問題)」に関する議論が中心となっていたため、企業側・雇用者側代表として招待された可能性が高い。

 

*床次竹二郎関連書籍:首相になれなかった男たち: 井上馨・床次竹二郎・河野一郎

 

学究:徳富蘇峰(31)関連史料[30]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

56.1907年(明治40年) 10月 20日 「●全國圖書館員大會」

一部引用↓

「第二回全國圖書館員大會は昨日午前九時より上野公園帝國圖書館に於て開會せり出席者七十餘名にして文庫協會長市島謙吉氏開會の辭を述べ田中帝國圖書館長は著作の件及び左の件を協議し文部大臣の祝辭(秘書代讀)澤柳次官及高楠博士、徳富猪一郎氏等の演説あり午後六時散會したり」

⇒「第二回全國圖書館員大會」の様子を描いた記事。出席者は70余名。

 開会の辞を述べた市島謙吉は、明治から昭和前期に活躍した政治家、文筆家。東京専門学校(現在の早稲田大学)の創立や、国書刊行会の設立に参画し、日本図書館協会の初代会長を務めた。当時市島が会長を務めていた「文庫協會(日本文庫協会)」が、後に日本図書館協会となる。

 史料中の「田中帝國圖書館長」とは、帝国図書館の初代館長を務めた田中稲城のこと。帝国図書館は現在の国立国会図書館にあたる。文部省の書記官として、ハーバード大学・オックスフォード大学・ケンブリッジ大学などの図書館を見学し、図書館経営の方法を学んだ。

 史料最後の行にある「澤柳次官」は、当時文部次官を務めていた「澤柳政太郎」。澤柳については、澤柳政太郎について | 成城学園を参照。

 

国立国会図書館関連書籍:稀本あれこれ―国立国会図書館の蔵書から

             国立国会図書館の理論と実際

 「図書館」関連書籍:市民の図書館

 澤柳政太郎関連書籍:澤柳政太郎―随時随所楽シマザルナシ (ミネルヴァ日本評伝選)

           澤柳政太郎 その生涯と思想

 

 

学究:高嶋米峰(30)関連史料[29]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

41.1921年(大正10年) 5月 8日 「學藝たより」

「○男女問題演説會 八日午後六時半より神田青年會館に開き「新マルサス主義より拒婚同盟へ」高島米峰氏「戀愛の倫理」文學博士吉田静到氏「廓清の本義」理學博士山内繁雄氏「政治と風俗」島田三郎氏」

⇒「男女問題演説會」の内容を示した記事。

 高嶋米峰の講演内容に注目。まず「新マルサス主義」であるが、最初に「マルサス主義」とは何かを確認する。「マルサス主義」とは、マルサスが提唱した人口と食糧の関係に関する学説。「人間が生きていくためには食料が必要であること」を前提として、人口は幾何級数的に増えるが、食糧は算術級数的にしか増えないことから、この結果起こる貧困・害悪への対策として、結婚年齢の延期&結婚後の産児制限を否定するという道徳的抑制を推奨した。

 次に「新マルサス主義」は、1820年代に英国のF=プレースが提唱。マルサス主義に立脚しつつ、人口増加による貧困・害悪への対策として、道徳的抑制によらず、結婚後の産児制限を主張する思想。高嶋米峰はこの「新マルサス主義」を参照して、人口増加はそもそも男女の関係性(婚姻)から端を発していると捉え、「拒婚同盟」という案を提示したと考えられる。

 吉田静致(史料中では吉田静到)は、明治から昭和前期に活躍した倫理学者。1928年(昭和3年)に倫理学会初代会長に就任し、日本の倫理学の発展に寄与した。

 山内繁雄は、明治から昭和期の生物学者東京高等師範学校やシカゴ大学で教授を務めた。

 

マルサス主義、新マルサス主義関連書籍:人口論 (光文社古典新訳文庫)

                    マルサス人口論争と「改革の時代」 (現代経済政策シリーズ)

                    人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)

                    マルサス人口論の国際的展開―19世紀近代国家への波及

学究:徳富蘇峰(30)関連史料[29]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

55.1907年(明治40年) 9月 27日 「●國民後援會行賞」

全文引用↓

「戰役中國民後援會幹部にありて斡旋盡力したる左の十一氏に對し三十九年四月一日付を以て昨日行賞の御沙汰ありたり

 徳富猪一郎 金森通倫

 黒岩周六

明治三十七八年事件の功に依り金杯一個を賜ふ

 原田十衛 村松恒一郎

 宮川鐡次郎 圓城寺清

 繁野珠城 石川安二郎

 上島長久 大谷誠夫

明治三十七八年事件の功に依り金三百圓を賜ふ」

⇒ここでいう「戦役」とは、おそらく日露戦争のこと(史料中に「明治三十七八年事件」とあるため)。「國民後援會」の幹部として、戦争への支援に尽力した者に、政府から表彰がなされている。

 金森通倫(かなもりみちとも/つうりん)は、明治から昭和前期に活躍した日本の宗教者。熊本バンドのメンバーで、熊本洋学校卒業後、同志社に入学、新島襄から受洗を授かる。一牧師としての慎ましい活動から同志社大学設立運動、大蔵省嘱託としての貯蓄奨励運動、ホーリネス教会入会後の「百万人救霊運動」など、様々な運動に参画した。

 原田十衛は、明治から昭和前期に活躍した政治家(立憲政友会所属の衆議院議員)。熊本に生れ、中江兆民の仏学塾に学び、自由通信社主筆となる。文部・司法・大蔵大臣のもとでの秘書官などを経て、議員となる。また、日本博覧会理事、熊本米穀取引所理事長なども歴任した。

 村松恒一郎は、立憲民政党所属の衆議院議員。上記の原田と同様に、記者時代(村松の場合は、東京朝日新聞など)を経て、政治家となる。自ら『大国民』という雑誌を発刊し、日刊大東通信社の社長も務めた。

 圓城寺清に関しては「円城寺清 | 近代日本人の肖像」を参照。

 石川安次郎(文中では「安二郎」になっている)については「学究:徳富蘇峰(27)関連史料[26] - 学究ブログ(思想好きのぬたば)」を参照。

 史料中を通してうかがえるのは、記者・ジャーナリズム時代を経て、政治家の道に進むという流れである。徳富猪一郎、原田十衛、村松恒一郎、石川安次郎がそれに該当する。

 

学究:高嶋米峰(29)関連史料[28]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

40.1921年(大正10年) 2月 21日 「お雛様のお酒は甘酒が神代からの儀式 全國女學校へ白酒禁止の宣傳を始めた片山博士等 ♢神様を酒飲にした上戸黨」

全文引用↓

「嬢さん達の待ちに待つた雛祭も早十日の後に迫つてお酒屋は白酒の仕入に努めて居る、折柄禁酒主義の渡邊海旭、高島米峰、片山國嘉の三先生から妙な抗議が出て來た子供のお祭に酒とは飛んでもない甘酒を使ふに限ると云ふ主旨を廿日全國八百の女學校へ今年を始めに一齋
 實行方を依頼したお雛様面喰はせの抗議につき片山先生は「禁酒反對論者は分量を云々するが問題は分量でなく習慣にある此點で子供の祭○酒を使ふは甚だしい過ちで儀式上の根據からも白酒を甘酒とするのは神代に歸するものだ、瓊々杵尊木花咲耶姫は甘酒作りの名人で同姫を祭つた日向國妻神社や瓊々杵尊を本體とした三宅神社は大祭の
 神酒に甘酒を用ひる、元來清酒を神酒としたのは徳川時代に始まり以前は白酒黒酒を用ひ神代の頃は甘酒に勢力があつた位なのを後世酒飲が勝手に神様を酒飲にしたのである」と言つてゐる」

⇒雛祭りに使う神酒が「白酒」であることに、禁酒主義を唱える「渡邊海旭、高島米峰、片山國嘉の三先生」から抗議の声があがったという記事。彼等は神酒には「白酒」ではなく「甘酒」を使うように主張する。

 片山國嘉(かたやまくにか)が言うには、禁酒に反対する論者は「酒を分量を調整するだけで、禁酒までする必要はない」という主張をしがちだが、それは誤りで、問題は飲酒が習慣化していることにある。元来日本は、神代の時代から、瓊々杵尊木花咲耶姫が甘酒作りの名人と呼ばれているように、「神酒は甘酒」だとするのが歴史的に正統性をもっている。「神酒は白酒黒酒」と言い出したのは徳川時代からであり、酒飲が勝手に「神様は酒飲であった」と言い出した、とする。これは、歴史性・伝統性を論拠とした「禁酒運動」の一つの形である。ちなみに、片山國嘉は、明治・大正期に活躍した医学者で、東京大学にて日本初の法医学講座を担当した。また、日・清・韓での医学交流を目指した団体「同仁会」の設立や、今回の史料のような禁酒運動にも取り組んでいる。

 

*「神酒」関連書籍:神様が宿る御神酒

 「甘酒」関連書籍:塩麹と甘酒で作る調味料

 「法医学」関連書籍:法医学

           学生のための法医学

           法医学現場の真相――今だから語れる「事件・事故」の裏側 (祥伝社新書200) (祥伝社新書 200)

           法医学事件簿-死体はすべて知っている (中公新書ラクレ)

 

学究:徳富蘇峰(29)関連史料[28]

前回同様、朝日新聞掲載分から確認していきたいと思います。

____________________________

54.1907年(明治40年) 5月 15日 「●放火婦人(子ゆゑの闇)」

全文引用↓

「神奈川縣三浦郡葉山村字長柄に根岸おゆく(二十六)といふ女性あり今を距る五年前同郡田城村字龜井の一柳音吉に嫁したるに三十七八年の戦役起り夫は戰地に發足したるにより獨り操を守りて家業を勵み夫の凱旋を待ち居りしに軈て夫は命めでたく歸り來り夫婦の間に子さへ出來て親子三人水入ずに暮し居りしが夫は何時しか他に情婦を設けおゆくに對しては情なき所置のみ重ぬるよりおゆくは悲しさ遣る方なく涙ながらに怨じたるに夫は却つて打腹立ち昨年二月終におゆくを離緣しけりおゆくは夫より見捨てられて今更親許へも歸られず止むなく同所にある徳富猪一郎氏別邸に奉公し他ながら殘したる愛兒の身の上を守り居りしに夫はおゆくを追出して後は我兒をも愛をしとせず折々は打擲する事もありとの噂におゆくはいよいよ悲しくなり女の恨何處まで強いか見居れとて淺墓にも夜中四俵の炭俵を音吉方の軒下に積み之に火を放けて燃したるが坐ろに我行ひの恐ろしくなり火の手を見て出來り事は面倒となりておゆくは放火未遂の罪に問はれ第一審にて重懲役六年に處せられ不服にて控訴せしも効なく昨日控訴は棄却となりたりとぞ設令事情は憐れむべしとするも罪の免し難きを如何せん」

⇒一人の女性の悲しい物語。

 根岸おゆくは、日露戦争帰りの夫・一柳音吉との間に子を授かり、親子三人で仲良く暮らしていた。しかし、夫が情婦と交わるようになってから状況が変わり、結果離縁となってしまう。夫のもとに残していた子のことを日々思い、「徳富猪一郎氏別邸」で奉公に臨んでいたおゆくであったが、「どうやら夫は、子どもさえも愛していないらしい」という疑念から、一柳音吉宅への放火におよんだ。おゆくは懲役6年が確定、「設令事情は憐れむべしとするも罪の免し難きを如何せん」という記者の言葉には、女性への憐みが滲んでいる。

 

*「放火」関連書籍:孤独な放火魔 (文春文庫)

          重爆特攻さくら弾機―大刀洗飛行場の放火事件